「バドミントン好きならバドミントン党」へようこそ

バドミン党は、「ネットでもバドミントン情報を探してしまう」というバドミントン好きのみなさんのためのブログです。 バドミントンニュースやラケットレビュー、オグシオ情報、イケシオ情報etc。

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年04月18日

■な、な、なんとバド小説ありました
存在しないと思っていたバドミントン小説を発見しました。



「仲間がくれたあたたかでつよい贈り物」
錦部実敬 著
文芸社
1999年


ストーリーの紹介は・・・
「大学に進学した“ぼく”は、何かを求めてバトミントン部へ。先輩達との確執の中、仲間達に支えられ、レギュラーの座をかけた試合に臨む。情感あふれる青春ストーリー」

著者の実体験をストーリーにしたのでしょうか?

それにしても、こんな小説があるなんて、今まで全く知りませんでした。

バドの小説には興味あるんですが、ベタベタそうな予感がして読む気にはなれません。

どなたか読んだ方は、ご感想をお聞かせください。


にほんブログ村 バドミントン
 「バドミントンもいいけど、読書もいいですよね」

■コメント

■バドの小説…何とか、出来るだけ、読むように、前向きに、検討するように、努力だけは、してみたいと、思う、今日この頃ですが…それでヨロシイですか? [こいこいチップス]

こんばんはバドミン党管理人さん!バドミントン小説ですか…私はやはり自分が動いてバドミントンをする方が良いと思っているので、小説には手は伸びませんね…残念ですがm(__)m。
ではまた。

■前向きでお願いします [バドミン党管理人]

やっぱりそうですよね。
私もちょっと遠慮しようかと思う本です。
あまりにも話がベタベタそうですし。
一体何冊くらい売れたのでしょうか?

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< オグシオの潮田玲子が帰ってくる! | Blog TOP | 試合結果をホームページでチェック! >>

新ラケット情報

since2008.4

2,000円安く購入する方法

楽天カードを作れば、1度だけ
ラケットを2,000円安く買えます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。